日常生活でよく見かけるバーコードについて

subpage01

買い物に行くと、商品のどこかに必ず縦じまの模様がついています。



これはバーコードといって、これをレジスターなどの専用の機械で読み取ると商品の値段などの情報が分かるようになっています。



バーコードは1950年頃にアメリカで発明され、1970年代ごろから日本でも導入されるようになりました。



バーコードの規格は国によってさまざまで、日本で使われているものはJANコードと呼ばれています。
また、雑誌やポスターなどでよく見かけるQRコードもバーコードの一種で、これは携帯電話やスマートフォンなどで情報を読み取ることができます。

縦じま模様で横方向にしか情報を持たない通常のものと違い、正方形のQRコードは横方向だけでなく縦方向にも情報を持つことができます。



これは格納できる情報量が多くなったということで、数字だけでなくアルファベットや漢字などのデータも格納することができます。


黒一色で単調な模様のイメージが強いですが、最近はこの模様を生かしてユニークなイラストを作るデザインバーコードやデザインQRコードが増えてきています。
読み取りに支障をきたさない範囲であれば色を黒以外に変えることも可能で、ただの読み取りのための模様が目で見ても楽しいものに変化します。



これによって、商品を買う消費者の目にも止まりやすく印象にも残りやすくなるのです。

デザインQRコードは無料のソフトやWebサービスを利用して簡単に作ることができます。



自分だけのオリジナルのQRコードを作ってみるのも良いでしょう。

関連リンク

subpage02














バーコードの種類と使い方

バーコードとは太さによって数値や文字をあらわす黒の腺と白の空白という縞模様の組み合わせの識別子になります。文字や記号を法則にしたがって並べてあり、専門のスキャナーでここからの文字や数字で商品の販売額を読み取るのです。...

NEXT
subpage03














バーコードを活用するメリットとは

バーコードは商品に関する様々なデータを記録でき、スキャンして情報を読み取ると多くの内容を一括して管理できます。作業を効率化する方法は多くの情報を瞬時に把握し、パソコンに記録してデータを的確に分析すると効果的です。...

NEXT