バーコードの種類と使い方

subpage01

バーコードとは太さによって数値や文字をあらわす黒の腺と白の空白という縞模様の組み合わせの識別子になります。

文字や記号を法則にしたがって並べてあり、専門のスキャナーでここからの文字や数字で商品の販売額を読み取るのです。
一般的な商品で使われるものは、日本ではJANコード、ヨーロッパがEANコードです。

コンビにやスーパー専門店など、今ではさまざまなお店の商品について、お店では店員さんが読み取り専用のスキャナーを品物にあてるだけでコード、商品名、金額が記録されます。


最近では携帯機器によくあるものですが、QRコードというものもよく見かけます。



これは二次元バーコードで通常のバーコードより細かい複雑な白黒の模様になっていて、通所のものより多くの情報がつまっています。



他にも数字だけであらわすものや、ローマ字が織り込まれているものもあります。日本では標準タイプと短縮タイプというものがあります。



標準タイプのものですと、13桁の数字がかいてあります。
国番号やメーカー番号、番号の入力間違いをチェックするための数字などが書かれています。



またインストアコードというものもありますが、これは商店や個人団体が任意につけることのできるものです。


よく使われるのがポイントカードの会員番号や生鮮食品です。ただ任意でつけているものですので、そこの商店や団体でしか使うことはできません。



バーコード自体が間違っているとどのスキャナーでも読み取ることはできません。



手軽に使えているものですが、とても精密なものです。

関連リンク

subpage02














日常生活でよく見かけるバーコードについて

買い物に行くと、商品のどこかに必ず縦じまの模様がついています。これはバーコードといって、これをレジスターなどの専用の機械で読み取ると商品の値段などの情報が分かるようになっています。...

NEXT
subpage03














バーコードの種類と使い方

バーコードとは太さによって数値や文字をあらわす黒の腺と白の空白という縞模様の組み合わせの識別子になります。文字や記号を法則にしたがって並べてあり、専門のスキャナーでここからの文字や数字で商品の販売額を読み取るのです。...

NEXT