図書館でのバーコードによる管理システム

subpage01

図書館では、大量の本が管理されています。



図書館の利用者は、多数ある本の中から知識を得ることができます。



本が大量にあるほど、人の知性の向上に貢献することができます。

ただし、本の管理のための手間やコストがかかります。

大量にある本は全てを人間が把握することが難しいため、コンピューターシステムを利用することが適しています。


図書館での本の管理に効果的であるのが、バーコードによる管理システムです。

本の裏表紙などには、印刷されたバーコードのラベルが貼り付けられていることがあります。



それらをリーダーで読み取ることにより、本の情報を把握する事ができます。
図書館では、施設内での本の閲覧に加えて、貸し出しサービスも同時に行っています。

iphone8情報の公開中です。

誰に本を貸し出しているかといった情報を把握するには、バーコードでの管理が便利です。
貸し出しや返却のための手続きもワンタッチで簡単に済ませることができるため、図書館の利用者にとっても利便性が高いです。



こうした管理方法を導入するには、管理のためのシステムを構築し、それぞれの本に対してコードを印刷したラベルを割り当てていく作業は必要です。

しかし、一度こうした作業を終えてしまえば、その後の本の管理が簡単になるというメリットがあります。


図書館での業務の簡略化や、利用者の本の照合のためのシステム利用のためにも、バーコードによる管理システムを図書館内に配備することには大きな意味があります。



関連リンク

subpage02














バーコードを印字する目的とは

バーコードは商品に関する情報などを記録し、スキャナーで赤外線を使って情報を読み取ることができます。多くの情報を一括して管理する時は情報を瞬時に読み取ると効果的で、データの入力などをする手間や時間を省けるために便利です。...

NEXT
subpage03














日常生活でよく見かけるバーコードについて

買い物に行くと、商品のどこかに必ず縦じまの模様がついています。これはバーコードといって、これをレジスターなどの専用の機械で読み取ると商品の値段などの情報が分かるようになっています。...

NEXT